人気ブログランキング |

FFXIのプレイ日記&リアル日記 上の画像は画伯と巨匠のセッション 現在1mポインツ
by dhalmol
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
雑記
FFXI
サッカー
日常のひとこま
愚痴みたいなもの
お遊び
変換
料理道
好き嫌い
以前の記事
2008年 10月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 05月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入り
最新のトラックバック
行列のできるアドレス交換所
from 行列のできるアドレス交換所
恋のアドレス
from 恋のアドレス
カワズ 君のリンク集
from カワズ 君厳選サイト一覧
志摩市浜島町三重県
from 志摩市浜島町三重県の案内
uefh pcaazii
from dqeiwufu eukz
iumuf bqeehe
from aqooh inayi
vu gouququd
from tjaewoki kuu
biido neelocom
from ayekub aetecp
弘前市アパートマンション
from 弘前市アパートマンションの案内
bupropion ov..
from bupropion over..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:FFXI( 56 )

ガルカサイズの抹茶服

突然ですが私にはウィンダスのランク10になってどうしても欲しいものがあったのです!
むしろこれが欲しくてランク10になったとも言えなくは無いものです。
黒のレベルあげこのものを貰う為に足りない戦績稼ぎもかねてたりします。


その欲しいものとは抹茶服!移動速度が上がる例のアレです!ずーっと前衛職をメインにしてきたのでこういう服系の装備が無くて装備してみたいなぁと常々思っていたのです。
なので黒で稼いだ戦績3万を持って意気揚々とガードに行きました!
必要な戦績56000?
全然足りないじゃないか・・・
狩人やってるときに戦績矢5本も撃っちゃったから戦績たまってなかったしな・・・しょうがないかぁ
とはいえあまりにも切なかったのでフレに抹茶服の話をしてみました。


白猫「あらー残念だね、私も10になってすぐ貰ったけど抹茶服は倉庫のガルカが着てるーw」
倉庫の足を早くするのかぁ賢いね・・・いいなぁますます欲しくなっちゃうよ

猫モ「私もポイント3000足りなくて交換できなかた、だから補給いってくる!」
交換できない仲間だけど私よりも抹茶に近いwてか本気で補給だけで3000も稼ぐのかな・・・

人黒「抹茶?あー50万で売れたwうまーw」
売るなよぅ(´・ω・`)

赤ガルカ(メインは白たる)「私のガルカと結婚してくれたらあげるよ?w」
うはww無理www

暗ガルカ「俺もランク10に昨日なったけど交換してきたぜ!」
私「おーおめーーwそれじゃ移籍するの?」
暗ガルカ「えっと俺今月で引退する、もうインする事もめったに無いと思う」
それからFFで遊んだことや、あれ装備してみたかった、など普段あまり話さない思い出みたいなことを話しました。
話のネタも尽きたかな、思っていた頃突然フレがこういいました。
暗ガルカ「抹茶服あげるよ。俺が1回着てるから伸びているかもしれないけど匂いはデオードで消えるからまだ着れるだろ?w」
私はそれを頂きました。デオードで匂い消えるか分からない、でも伸びたサイズは・・・首が隠れて丁度良いかな?w
抹茶服みる度にフレを思い出すんだろうなぁと思いつつ・・・大事に着ることにしようと思いました。
by dhalmol | 2005-04-19 18:30 | FFXI

ウィンダスミッション月詠み ~作戦名はてけとー~

フレからウィンダスミッションに行かない?とのお誘いを以前受けていて本日がその決行日でした。
誘ってくれたフレのタルはちょっと人見知りなせいかなるべくシャウトじゃなくお互いの知り合いでいきたいなぁとの事なので私の方で足りない人数そろえるねと言うことに決まっていたのです。
という経緯の元1週前にミッション終わってない人に声かけて準備は万全・・・だったのですが諸事情によりフレは来れなくなってしまいました。
人数が2人足りなくなってしまった&ミッションのため時間作って集まってもらった人がいるのでフレの黒人と白猫にヘルプ!
急なお願いだったのに快く来てくれて本当にありがとう!

満月の泉で行われるミッションBCなのでそそくさと移動、迷子スキルA,A+,A-(私的評価ですがw)な人が揃っているのでトライマライで軽く迷ってたりしましたがwしかも迷ってるのは全員猫・・・特にモンク猫の「どうやって上登るのー?」って発言が、階段が横にあるのに気づかないあたりに若干の戸惑いを感じたりもしましたがw

ほどなくして事故もなく満月の泉につけました(迷子は事故じゃなくイベントと割り切れるようになった自分が好きです)


注:ここから若干ネタばれあります












さて作戦会議です!

私たちの構成はナ戦モ白黒赤です。それを踏まえたうえでまず最初はカカシ4匹と戦います。
交戦順は黒>赤>ナイト>白 ナイトはスリプルレジがあるので私挑発します。まず人黒が印スリプルで一気に眠らせちゃって!
続いてアジドが出るBCはアジドひゃっほいするから専属回復人を赤さんにやってもらってアジドのタゲったほうを全力で倒して残った方はマラソンで!
以上質問は?
すると人黒が「アジドが動かないこともあるそうだけどその場合は?」
「てけとーで」
「てけとー了解!」
今思うとこの作戦説明とやりとりがいけなかったのですがその時の私は知る由もありませんでした。

作戦会議も終わりBC突入
作戦通りカカシにスリプがする人黒そして2秒後に人黒死亡

え?

ストスキ、ブリンクを忘れていたと謝る人黒、けどカカシにたこ殴りされてちょっと楽しかったといってる辺り良い奴と言うか変な人だなぁwと再認識し再突入!
カカシに突っ込むメンツを黒から前衛組みに変更しかるく撃破!
続いてアジドBC!
イベントの後アジドがポップ
わくわくしてアジドの挙動を待つ我等PT

・・・


「動かないね」
「・・・うん」

・・・

「動かない場合どうするんだっけ・・・」
「てけとー・・・」

・・・

「突入しようか」
「うん」


「とりあえず右いこー」

「アジド(´ΦωΦ`)!!」
え??アジド起動??

ちょもうタゲとっったよ!!!!!アジドこっちこいこっちこい!!!!
「アジド左向かった」
NO--------------------!!!!!
「タルナさんこっちはいいからアジドのタゲとったのを取り返してー!」
ってみんなアジドのほうに行ったw
「アジドからタゲとれんw」
とタルナさんの悲鳴も聞こえた気がするけどこっち戦士とモンクの二人ですからー!!
死ぬ死ぬw たまにケアルくれるけどわし死ぬw ぼすけてー!!!!
って言ってもこっちにはきてくれないなぁw ケアルの量が少し減ったのを察するにアジド・・・あばれてるな?w
・・・アジドはボスだけじゃなくてPTメンのタゲも取ってるって事か・・・w

とか思ってたら間違えてランペ撃っちったーーー!!!!HP72しかないwセミ2張りなおしたからまだいけるか・・・!
もうちょっとだし・・・気合で押し切れる!
夢想阿修羅拳の構え
連携・溶解
え!?
猫モの挑発
タゲ猫モにむかったー百もやってたからかぁ!ありがとう・・・セミ1もリチャージできた・・・
あー猫モ死んだ・・・
ありがとう君の犠牲は無駄にしないよ!
星になっても私たちを見守っておくれ!
アジド班がこのあたり合流!
人黒「アジドがなんかごちゃごちゃ言いながら魔法詠唱するんだけど面白いね!」
わしらそんな暇なかったから!!!!!
ほどなくして撃破!
猫モがこのときに「わしかこわるいw」
と言っていたけど、すごくかこよかたよ!迷子スキルAでもかこよかたよ!
今度はこんなことにならないように作戦「てけとー」はやめようと思いました。
みんなで報告してランク10 
おめでとーありがとーが響くPT会話がちょっとうれしかたよ!

今度はこのきっかけを作ってくれた白たるさんのミッションにいきたいな!
by dhalmol | 2005-04-17 17:34 | FFXI

白いアレをとりに行ってみました

フレ白猫「白パン取りの募集してるよ?行ってみたら?」
ログインして最初にもらったテルです。
そんなに白パン欲しそうに見えるのかな・・・(欲しいけど)
なにはともあれせっかく教えて頂いたし参加してみました。
PTに入ってみたところ既に10人集まっていて私が11人目でした。2PTで行くのかな?と思いつつ待ってるとフレの白猫さんがPTに入ってきました。
そして「ダルメル(私の仮名)ちゃん黒で行くよね?私白で行くから!」
と言い放つ白猫さん・・・あー・・・帰りみんなにD2かけるのが面倒で白で参加しやすいように私を誘ったんだなwそういえば白の保険稼ぐとか聞いた気もするし・・・手段のためには目的を選ばない人だったの忘れてたw



まぁいいやとりあえず出発

目的の白パンを落とすのはフォミナス水道というところに生息してるフォモル?とかいう顔色の悪い人達です。
なるべく多くのジョブをお手軽に狩りたいと言う事でキャンプ地を探すものの・・・誰も地図を持っていないし方向もいまいち分かっていない状態。一抹の不安を覚えつつも移動すること30分・・・途中タウロスに追いかけられたり強めのスライムに絡まれたりと小さいハプニングを乗り越えやっとつきましたフォモル天国!
ミッション?で訪れたことのある場所なのですが前を向いても後ろを向いてもフォモルだらけ全部あわせると8匹いたのかな?
2匹ずつPTを組んでいるようで1匹つるともれなくもう1匹ついてくるようです。
印スリプルが使えるときは片方眠らせてもう1匹を集中的に叩く!
という方法で狩ってはいたのですが、白パンなかなか落としません。落としたとしても希望者のいない侍のものばかり・・・
やっとシーフのでた!と思ったらもうかれこれ2時間ぐらいこもっていました。結局希望者がいる白パンはこれ一枚しかでませんでした。
久しぶりにまったりできたし楽しかったから良いかな?と離席からもどってみると白猫さんのテルが残ってました。
白猫「経験みてw なんかすっごく稼いでない?w」
ほうほう・・・そういえば結構こもってたしなぁ経験点も90とか入ってたし、どのぐらい稼いだんだろう?



!!!!!!!!!!!!!
5000点も増えてる!
白パンとりさいこー!!!




それにしても今日は白パンという単語多いなぁ・・・
by dhalmol | 2005-03-25 11:55 | FFXI

デジョン2習得

帰宅してインしたら既に22時だったのでPT組めるかな?と思いつつも希望出していたら10分で誘われました!
ただ時間のせいか、はたまたレベル帯のせいか前衛ジョブが明らかに不足しており最後の一人が見つからないと言う状況でした。
そこで
私「せんせ、ナイト41だったよね?レベル短時間でもいいのですが一緒にやりませんか?

と誘ってみたところ
せんせ「装備ありあわせのものしかないけど良い?」
と、わりと乗り気のご様子!PTメンも編成で長い時間かかっていたのでしょう、稼ぎよりは楽しければ良いか!みたいな雰囲気になっていたのでいまさら装備どうこうと無粋なことは言いません!!
あ、でも私一つ言い忘れてました・・・
私「サポシーフで両手剣持って来てね」
せんせちょっと驚いていたようですがうまく伝えられたようです。
ってサポ戦士で出発しようとしたでしょ?本当にサポシーフだからというかサポシーフでくるってリーダーにも伝えちゃってるから!
せんせの尻尾がへにゃくなっていた気もしますが、とりあえず狩に出発できました。


せんせを加えたPTの詳細は忍戦ナ黒赤召で39~43とちょっとレベル差があり、かつ後衛が一番レベルが高い状態になっていました。
が、辛い戦闘も無く経験も160点~220点と美味しい感じでPTメンみんな1レベル上がりました。
私の黒も40になりデジョン2を覚えることが出来ました。
戦闘中せんせにデジョンを詠唱しては途中で止める、魔法を唱える方にも唱えられる方にとっても、プレッシャーになるイヤガラセ遊びが出来るようになったのでこれからは知り合いと組むことが多くなりそうな予感です。(さすがに初対面の人には出来ない)
by dhalmol | 2005-03-23 21:22 | FFXI

500ギル

私「いい加減その呼び方やめてくれないかね?意味分からないし」
フレ人黒「なんで?良いじゃんwシャウトで呼んでも誰もお前のことだとは気づかないと思うぞ?w」
フレ人黒「それにだな!いざと言うときのために普段の生活の中に暗号を作っておくのは諜報員のの常識て何かでやってたぞ」
私「いや諜報活動とかしたこと無いし、それよりもシャウトで私を呼ぶとかやめt」
フレ人黒「まぁお前の場合はちと違うか!人間になるためにこっちの世界来ているんだろ?外見真似たつもりだろうけどいかんせん首がな・・・」
フレ人黒「だからせめて名前でばれないように呼び名つけてやったんだw 感謝しろよ?w」
私「こっちの世界って・・・というか何か話が変わってきてる気がs」
フレ人黒「感謝しろよ?w」
私「・・・ありがとう」
フレ人黒「本当に感謝してるなら 早く人間になりたいってシャウトしろよw」
私「それ妖怪人g・・・もういいや。暗号便利とかそんなのはもういいから理由を教えてよ!私を500ギルって呼ぶ理由を」
フレ人黒「お前の店売りの値段」
私「?」



フレ人黒「ダルメルの皮、肉、骨店売りでそのぐらいだったはず、あー涎はパスなあれは店でも売れないw



フレ人黒「あーお前はアルテパ育ちだから涎はださないっけ?w」
私「、パパカ草忘れてる・・・
フレ人黒「わりwwwwww」



後になって気になりだしたのですが・・・それだけ売って本当に500ギルだったかな?もう少しくらい高価だった気がするけどなぁ・・・(そういう問題ではない)
by dhalmol | 2005-03-22 21:11 | FFXI

素敵サチコへの道

黒も38になりガ系も一揃いして意気揚々とレベル上げに行くつもりなのに誘われない・・・
リーダーすれば良いって?

それじゃ駄目なんです・・・

誘われたいんです!!!

人に必要とされたいんです!!!



ウソマスターごめんなさい

本当はリーダーをやり疲れただけ
と、まぁ理由はどうあれ誘ってもらいたくてサチコを工夫しているつもりなのですがどうもLSやフレには不評なのです。
ならばどんなサチコが良いのかとフレと話し合いになりました。

フレ白猫「私が人を誘うときのポイントは自分の個性をアピールしてる人かな?」
フレ白猫「何でも良いんだけど例えば種族をアピールとかかな?」
私「猫なら尻尾と耳あります!みたいな?」
フレ白猫「それでもいいけどw たるさんならMPあります!とかガルカならMP+してますとか
そういうのかな?」
私「ふむふむ!ステータスとか書きづらいんだけどなぁ」
フレ白猫「Int低いもんねwどうせならもうマイナスポイントをアピールしてみたら?ダルメルとかw あとはご希望によりローブの生着替えアリとかwww ひらひら興味www」
私「(´д`)」
フレ白猫「そだダルメルとか言ってたら思い出したよ!メロンパイ余ってるのあげるよダルメルいたわる
フレ白猫「今日の餌付け完了!」
私「餌付けですか・・・でもありがたく頂きます」
フレ白猫「真面目に言えばサーチコメントの内容を重視する人はどちらかと言えば面白い人多いしネタみたいなこと書いておいても良いんじゃない?」
フレ白猫「責任は持たんけどww」



あんまり参考にならない話し合いだったけど、メロンパイもらったし今日の食べ物の心配は無く
なったからよしとしましょう!
けどもう少しまともなアドバイスもらえないかなと不安になったのも事実。

そこでInt高めのエルヴァーンである私はLSにいる後衛ジョブの先輩に意見を頂戴することにしたのです。

私「~~~~~というわけで誘われたい、何か良い案は無いものでしょうか?」
LS赤爺「エルヴァーンで黒だよね?誘われないからリーダーやりな」
私「ヽ(`Д´)ノ」
LS暗猫「ダルメルなだめる
私「せんせまで・・・ちょっと言いすぎじゃないか?w」※せんせとは暗猫さんの事を指します。物知りで頼りになるのでせんせと呼ばれているのです

どうも>ダルメルの黒は誘われるのは絶望的らしい事がわかりました。けど愛があるから何とかなるはず・・・


30分後

@1400
プロエリア一部○ メロンパイ食べます 
【ダルメル】です拾って下さいよくなつきます



そこには【ダルメル】と書いてる私がいました・・・
しかもなんのひねりも無い・・・
だって全然誘われなかったんだよ?
【ダルメル】にもすがる思いだったんだよ?
私は悪くない悪くない!!!

愛だけじゃどうにもならなかったんだよ!
PTに誘って欲しかったんだよ!哀れすぎて拾ってくれるとかそういう同情票みたいなものでも良かったんですよ!!!!

まぁそれから1時間後ぐらいにレべリングには誘われたのでいいんですけどね。海外の方でしたのでサチコが影響あったのかどうかは不明ですが・・・
それよりサチコを消し忘れていたせいかフレのモンク猫に「【ダルメル】拾われてるw」と嬉しそうに言われたのが悲しかったです。




もうちょっとだけでいいので人間扱いして欲しいと思いました。
そしてもっと素敵なサチコが書ける人になりたいと思いました。
by dhalmol | 2005-03-22 13:48 | FFXI